DT200WR キャブ&フロント周り

キャブレターのオーバーホールです


フロート室がほとんど空でしたので腐食もなく良い状態でした。とはいえ、スロージェット、メインジェット、ニードルバルブは交換です。フロート室のパッキンももちろん交換です。フロート室まで綺麗ですね!

タンク内はやはりサビが発生しておりましたが、サビ取りを行い完全除去出来ました。液体コーティングはせず酸化防止処理のみ行いました。


キャップも腐食&サビがありましたので、新品に交換です。カギ部分は移植しましたのでメインスイッチのカギ、タンクキャップ、ヘルメットホルダー共に同一キーで🔑す。純正スペアキーも他1つ付属します。

フロントフォークは若干のオイル漏れがありましたので、オイルシール&ダストシートは交換しました。オイルシールの硬化は無かったようでしたが、これから乗り始めると早い段階で漏れて来ますので交換しました。サイドスタンドで保管だと必ずと言って良いほど左側が漏れてきますね。

ステムベアリングもグリスアップ

新車時は必要最低限のグリスですから、こんなもんでしょうね。

上下純正グリスを使用してみました。


と言うことで、フロント周りも完了しました


エンジンも無事始動しましたので外装を組み上げて完成です!

連休明けにナンバー登録して試走してみようかと思います!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。